うみです。現在日本語習得に励んでいます。早くペラペラになりたいー!
by umitatu


2006年01月05日(木曜日)付

  手元に届いた年賀状の多くには、戌(いぬ)の字や犬の姿が様々にあしらわれていた。その中で、前の戌年よりも目についたのは、愛犬の写真を印刷したものだった。生後16年、14歳などの添え書きもあり、この長寿・高齢の世を飼い主と共に歩んでいるさまが浮かんだ。
  今年收到的明信片中很多印上了狗的字样或是狗的样子。在这之中,与上次狗年相比,引人注目的是印上了爱犬的照片的明信片。还写上诸如16岁或14岁等等说明。让我们联想起在这长寿之世,狗与它的主人一起散步的样子。
  人間とのつきあいが長い生き物だ。民俗学者の南方熊楠が、大正の頃に、こんな寿命にまつわるルーマニアの伝説を記している。
狗是跟人的交往历史悠久的动物。民俗学者南方熊楠,在大正的时候,曾记下这样的一个与寿命有关的罗马尼亚的传说。
  天の神が生き物たちを召集し、その寿命と暮らし方とを定めたという。人間は、世界の王として君臨し30歳と決められたが、短いと不満をもった。次に、常に重荷を負って50歳と宣告されたロバが、「どうか20年差し引いていただきたい」と言うのを聞いた人間が、その20年をもらい受けた。
  据说天神召集生物们,来决定各自的寿命及生活方式。人,作为世界的王君临世界,被定为30岁,可是,人拥有不满。其次,经常背负重担子的驴被宣判为50岁,驴请求说「想请无论如何给扣除20年」,听了这个的人,接受了那个20年。

  次に犬が呼ばれた。主人である人間の家や財産を守って40年と聞いて震え上がり、半分にして下さいというので、また人間がそれをもらう。さらには、60歳とされたサルの半分も得て、人の寿命は100歳と決まった(『日本の名随筆』作品社)。
  其次被叫来的是狗。狗被要求守护主人的人的家和财产40年,听了这个狗吓得发抖,说请减半,因此,人又得到那个20年。另外,又从被定为60岁的猴子那里得到了一半。最终人的寿命确定为100岁(『日本名随笔』作品社)。
  この伝説には、人間は、ロバや犬たちの寿命をもらった分、その動物の苦労も背負ったとも記されている。あたっているかどうかはともかく、とりあえずは、友人たちと愛犬の健勝を祈った。
  在这个传说里被这样记载到,人,得到了驴和狗们寿命的份儿,同时要人相应承担那个动物的辛苦。不管事实是不是这样,暂且,祈愿朋友们和爱犬的健康。
  この前の戌年だった94年は、細川、羽田の両政権が倒れ、「自社さ」の村山政権ができた。政治の上では変化の多い年だったが今回はどうだろう。年が改まり、秋には首相が代わるとされているようだが、「犬が西向きゃ尾は東」ほどに当たり前にゆくのかどうか。
  上次94年的狗年,细川,羽田的两政权倒台,「自社」的村山得以执政。在政治上是个多事之秋,那今年又会如何呢。好象普遍认为年份改变了,秋天首相将会更换,但是,是不是会如谚语「狗朝向西尾巴向东」那样说的理所应当地进展呢。
[PR]
by umitatu | 2006-01-05 12:48 | 『天声人語』習訳
<< 2006年01月06日(金曜日)付 一月三日 雨 >>